社員の声/採用情報

野村 佳助

営業第二部 販売第二課/2017年度入社

野村 佳助

学ぶ意志さえあれば知識が身につく環境が整っている

私は営業内務に配属されています。お客様から注文を受けて、納期に間に合うようメーカーに発注するまでが仕事です。現在は、主に段ボールの原紙を取り扱っています。内務の仕事をしたことにより、入社当時と比べると紙の知識は深まったと感じます。自ら調べようとする意思がないと理解しにくい部分はありますが、その意志さえあれば深く学べる環境ですね。

顔が見えないからこそ言葉遣いにこだわりを

基本的に電話応対がメインとなるので、顔の見えない相手に対して、どんな言葉を使うと、好印象あるいは悪い印象を持たれるのかはとても気にしています。時にはお客様が求めている商品がない場合もあるので、そうしたときは特に、自分でしっかりと説明するよう心がけています。まずはお詫びをして、最短でいつ入荷するのか、代用できるものがあるかといった提案をしているんです。こうした提案をするため、日頃から知識を増やすよう心がけています。

複雑な注文もさばける対応力が身につく

時期やタイミングによっては、複数のお客様から大量のご注文をいただくこともあります。それぞれ納期や商品が異なるので、初めのころは混乱して、ミスが目立っていました。しかし先輩に相談したり自分なりに考えたりすることで、最近では多くのご注文が重なっても、落ち着いて一つひとつこなせるようになりました。そういうときは少し成長を感じます。

歴史に裏打ちされた信頼と実績

当社は大正8年から現在まで続く、歴史のある会社です。歴史があるということは、長い時間をかけてお客様やメーカーの方々と、厚い信頼を築いてきたということの裏打ちだと思います。入社当初はこの点についてピンと来ていなかったのですが、実際に入社してその重みを肌で実感しました。当社は大企業ではありませんが、それでもこれだけ長く続いてきたことには、それ相応の理由があると思えます。

新入社員でもストレスフリーで仕事に取り組める

ストレスフリーの環境で働けることが当社の魅力です。新入社員の場合、わからないことがあっても、先輩に質問するのをためらってしまうこともあると思うんです。しかし当社では、ささいなことでも相談しやすいですし、周りの先輩方が盛り上げてくれていると感じます。部長や役員といった役職の上司も「体調は大丈夫か?」などと気にかけてくれて、仕事をしやすい環境が整っているんです。

営業として知識と経験を積み重ねる

新入社員としてこれまでは内務の仕事を担当していましたが、今後は営業になる予定です。今も営業の先輩のサブ担当としてお客様と接する機会がありますが、それがいよいよ本格化します。そうするともっと勉強が必要になってくると思うので、継続的に学んでいきたいですね。これまで脈々と受け継がれてきた文昌堂の伝統を、自分たちの代で途絶えさせないように努力していきます。

Copyright © 2022 Bunshodo Co.,LTD All Rights Reserved.

PAGETOP